黒にんにくは効果なし?効果が出るまでの目安期間と食べ方や量について紹介

黒にんにくは、近年注目されることの多い食品です。

ただ、その効果であったり、食べ方や量であったり、あまり詳しくは知られていない食品の一つでもあります。

「黒にんにくって普通のにんにくと何が違うの」

「食べ方がわからない」

「そもそもどんな味なんだ……」

これらのような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、黒にんにくの効果について詳しく解説しつつ、食べ方や食べる量もご紹介していきます。

黒にんにくとは

そもそも黒にんにくとは、にんにくを熟成させた加工食品です。

元々は白いにんにくが、特定の環境下で熟成されることで黒くなっていきます。

熟成されることで、見た目だけでなく味や臭い、成分までが変化するのです。

では、元々健康効果の高いにんにくが、熟成を通してどのように変化していくのでしょうか。

黒にんにくの健康効果

黒にんにくには、さまざまな健康効果が期待できるとされています。

元々にんにくは健康効果の高い食品ですが、熟成されたことで、より一層身体に良い食品に生まれ変わっているのです。

現在、黒にんにくには以下のような健康効果が期待できることが分かっています。

・抗酸化作用
・抗ガン作用
・体温上昇
・肥満予防
・肝臓保護
・動脈硬化予防
・免疫力を高める…etc

これらは全て本当に「黒にんにくを食べることで得られる健康効果として期待されていること」なのです。

では、なぜこのように多くの健康効果が期待できるのでしょうか。

ここから、黒にんにくが高い健康効果を持つものかどうか、理由を解説していきます。

黒にんにくに健康効果が高い理由

白にんにくが黒にんにくになる過程で、臭いや刺激の原因である成分「アリシン」が「S-アリルシステイン」という健康効果の高いアミノ酸の一種に変化します。

この成分は、生のにんにくにはほとんど含まれていませんが、強力な抗酸化作用であったり、免疫力アップなど、非常に高い健康効果が期待できることがわかっています。

黒にんにくになることで、この成分の数が大幅に増加するのです。

これだけでも黒にんにくの健康効果が期待できることが分かりますが、また違う理由もあります。

それは、含んでいるアミノ酸が豊富であること。

黒にんにくには体内で作れない必須アミノ酸全種に加え、非必須アミノ酸も多く含んでいます。

これらのアミノ酸により、さまざまな健康効果を見込めるというわけです。

黒にんにくはどのくらいの期間を摂取すると効果がでるのか

黒にんにくを食べたからといって、すぐに効果が現れるわけではありません。

人それぞれの食生活や体質、生活習慣などによって左右されるため、ハッキリとは言えませんが、食べ始めてから2〜3ヵ月程度で効果を実感する人が多いようです。

これは、他の健康食品も同じことが言えます。

食事で身体を改善するにはある程度時間がかかるものですので、黒にんにくもその例に漏れない結果となっているといえるでしょう。

健康効果を実感するためには、とにかく「継続して食べること」。

まずは黒にんにくを食べる習慣をつけていきましょう。

そうすれば、気づいた時には「活力がみなぎっている」「明らかに体が軽い」「集中力が増した」など、体に変化が起こっていること間違いなしです。

黒にんにくの食べ方

黒にんにくは、通常のにんにくとは食感も味も、臭いさえも違います。

つまり、普段通りのにんにくの食べ方と同じように食べるだけでなく、他の方法で味わうことができるのです。

ここでは、黒にんにくの味や食感などに触れ、おすすめの食べ方なども紹介していきます。

黒にんにくの味

そもそも、にんにくの味って、皆さんわかるでしょうか。

おそらく、にんにくを食べるというとき、だいたい臭いで「これはにんにくだ」と判断しているのではないでしょうか。

生のにんにくは辛く、そのままでは食べづらいため、火を通すことが一般的です。

焼いたり、揚げたりすると、その辛味成分が甘味成分に代わり、玉ねぎやネギの甘さに似た甘さを感じるようになります。

では、肝心の黒にんにくはというと、なんと生で食べれます。

「いや、辛いのでは……」と思われるかもしれませんが、その心配はご無用。

黒にんにくは熟成過程で辛み成分が甘味成分へと変化しているため、全く別の味わいになっているのです。

加熱された時の甘味とは全く別の味であり、ドライフルーツのようなフルーティーな甘みがあります。

普通のにんにくのイメージと、かけ離れた味になっているので、初めて食べる時は驚いてしまうかもしれません。

とはいえ、にんにく特有の臭いや刺激は完全に無くなっているわけではないので、そこは留意したほうが良いでしょう。

黒にんにくはどうやって食べると美味しいのか

黒にんにくには、にんにく臭がほとんどありません。

これは、熟成の過程で臭いの原因である成分が変化し、別の健康成分へと変化しているためです。

そのため、そのまま食べても臭いが気になりませんし、味の通り「ドライフルーツを食べているような感じ」で楽しめます。

ピザ、パスタなどにトッピングしても美味しいですし、餃子の具に入れても非常に美味です。

また、チーズと相性が良いため、クリームチーズと一緒に食べるのもおすすめ。

クラッカーに乗せて一緒に食べてみましょう。

バターとも合わせやすく、一緒に炒めてガーリックバターに仕上げても絶品です。

その他、通常のにんにくの代わりに使ってみたり、ドライフルーツの代わりに使ってみたりと、多彩な楽しみ方ができます。

黒にんにくを食べる量には注意

高い健康効果を持つ黒にんにくですが、一度に食べ過ぎるとお腹を壊してしまいます。

これはにんにく自体の強い殺菌作用によるもので、生でにんにくを食べ過ぎると胃腸が荒れてしまうのです。

ただ、にんにくから黒にんにくへと熟成されているときに、含まれている成分が大きく変化します。

にんにくに含まれる胃腸に負担をかける成分が、良質の機能性物質へと変化するのです。

そのため、生のにんにくよりは胃腸へのダメージは軽減されているといえます。

とはいえ、殺菌作用自体が無くなっているわけではありません。

黒にんにくの1日の上限量は、通常のにんにくと同じく1〜2片程度とされています。

美味しいからといって、食べ過ぎには注意しましょう。

つうはん本舗の黒にんにくなら

→つうはん本舗の黒にんにくを見てみる

一般的な白にんにくに比べて、黒にんにくには栄養成分が多く含まれています。つうはん本舗の黒にんにくは身体に活力を与え、美容や冷えに効果的な働きが期待できることから、男性・女性のどちらにもおすすめの食品です。

「最近元気がでない」「冷えが気になる」などの悩みを持つ方は、ぜひ、つうはん本舗の黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか。

黒にんにくは、にんにく特有の匂いが少ないため予定や時間を気にせずに毎日食べることができます。毎日続けて食べることでいくつになっても元気に過ごしましょう。

まとめ

今回は、黒にんにくの持つ効果について紹介し、実際の味やおすすめの食べ方についてご紹介しました。

黒にんにくは優れた健康効果を持つ食品です。

継続してある程度の期間食べ続ければ、今の自分よりも健康な体になること間違いなしです。

食べすぎにさえ注意すれば、美味しく健康な身体を手に入れられます。

また、美味しく食べる方法がたくさんありますので、食べる習慣がつけやすいのも嬉しいポイント。

是非この機会に、黒にんにくを食べ始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

黒にんにく商品ラインナップ

黒にんにくお試し1玉
黒にんにく【お試し1玉】600円

黒にんにく1箱5玉入り
黒にんにく青森県産 3,600円

黒にんにく定期コース
黒にんにく【定期】3,330円~

営業日カレンダー

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[営業時間]10:00~17:00
定休日]土日祝祭日
ご注文は24時間・年中無休にて受付中!! 商品の発送、メールでのお問い合わせの返信はカレンダー通りお休みを頂いております。
つうはん本舗へのご注文はお電話でもどうぞ

黒にんにく通販専門店へログイン/会員登録
黒にんにく通販専門店のカートをみる
ページ上部へ戻る